save-3451075_1920


一般のNISAとは別に2018年に開始されたつみたてNISAという制度があります。


つみたてNISAとは一般NISAと同じく売買益、配当益が非課税になる制度です。


NISAとの大きな違いは、年間の運用益が40万円とNISAの1/3の金額ですが、期間が20年と長いことです。


年間120万円運用に充てるのは厳しいが、定期預金みたいに資産を築きたい人にぴったりの制度です。


年間に40万円が上限なので月に33,333円捻出できれば、つみたてNISAを最大限有効活用できます。


この金額であれば努力次第で確保できる金額ですし、年利5.8%で運用出来れば、20年後には元本800万円が約2倍の1500万円になります。


年利5.8%は決して無理な数字ではないので、利子が全く付かない定期預金するくらいならつみたてNISAで資金を少しでも増やした方が賢明だと思います。


NISAより長期で運用できるため、複利効果を最大限に受けられるのがつみたてNISAの強みです!!

NISAと同じくつみたてNISAも途中売却出来るので自由度は高いですね。


一般NISAとつみたてNISAの大まかな違い



一般NISA

つみたてNISA

対象者

日本在住の20歳以上の方

日本在住の20歳以上の方

年間の非課税投資枠

120万円

40万円

合計の非課税投資枠

600万円

800万円

期間

最長5年間

最長20年間

口座開設可能数

1人1口座

1人1口座

投資対象商品

上場株式・投資信託  ETF・REIT

金融庁が定めた基準を満たした金融商品



つみたてNISAのデメリットは?


1.損益計算できない


NISAと同じで損をした場合、一般口座で利益が出ても税金が相殺できないことです。


通常、A株で利益がでて税金を払っても、B株で損をすればA株とB株の損益計算をして税金が返ってきます。


向こう3年間はマイナス分を繰り越し、損益計算できるのですがNISAではこれができません。


これはNISA全てにいえることなので、投資商品を選ぶ際は利益を追求するよりも損をしないことを第一に考えた方が良いです。


2. 投資商品が限定的


NISAではあらゆる商品を投資できるのに対し、つみたてNISAは金融商品が限定的です。


金融庁が定めた厳しい基準を満たしている一部の金融商品しか投資できません。


これはデメリットでもありますが、商品が限定されてるので選びやすいと言えますし、比較的安全な投資商品しかないのでメリットとも言えます。


個別株に投資したい方は一般NISAを選ぶのが良いでしょう。


3 . 一般NISAと併用できない


一般NISAとつみたてNISAは同時期に口座を作ることができないため、どちらかを選ぶ必要があります。


年間上限40万円で金融商品が限られているつみたてNISAでは、大きく資産を増やすことが難しいのも事実です。


早期で資産を築きたい方は一般NISAの方が向いており、長期でゆっくりと資産を築きたい方はつみたてNISAを選ぶと良いと思います。



つみたてNISAはどちらかというと年金に近い感じで、老後の資金を捻出してくれる優秀な制度です。

お子さんがまだ小さい方も、大学などの教育費をつみたてNISAで準備するのも良いと思いますし、急な出費でもつみたてNISAならいつでも売買できるのも強みでしょう。


皆さんも、つみたてNISAを活用して資産を築いてみてはいかがですか?